ツララナビゲーション

ツラナビな日記TuRaNaVi Blog

2022年01月12日

再来!ジャガイモのガレット

ガレット(仏: galette[注 1])は、フランス料理の名称。フランスでガレットは「円く焼いた料理」を意味するが、日本では特にそば粉生地を薄く焼いたブルターニュ風ガレットを指すことが多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ガレットにはいろいろな形があるようで、私が何故か知っていたガレットは「ジャガイモのガレット」だったのだ。

 

時をさかのぼる事2018年、福岡某所。

えーじぇんとは玄関の前に居た。

「ただいまー」

家に帰るやいなや、おもむろに料理を始める…

 

ここから、数年「ガバットのえーじぇんと」の2つ名を関することとなる。

 

ここから、えーじぇんとは次第に料理をしなくなっていったのである…。

そして、2022年。

完全復活

『パーティー ノ ハジマリ ダ』

 

ということで、3年前の屈辱を晴らすために同じ条件下で久々に料理をすることに。

お米!久々に炊きました。

 

ヘヘヘ…今日は貴様らを切り刻んでやるぜぇ…

途中で多すぎることに気づいたので、ポテトチップスとジャーマンポテトを作れないかと思い薄切りと角切りも用意。ま、シェフの気まぐれってやつだね。

 

フライパンも温まったことだしいくぜぇ!!!

 

前回の反省点としては、ジャガイモを水に浸してデンプンを取り除いてしまったことに起因している…さらには、フライ返しなどで押し付けずに自然に焼きすぎた。

つまり、そこを回避できれば、完全なジャガイモのガレットができるはずなのだ!完璧。

バラバラに崩れ落ちるジャガイモの千切り炒めが完成した。そうか…

 

そうか…

 

そんなこともあろうかと!!!!つなぎを用意しておいたのさ!!!

チーズをどばぁああ!!

dovaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!

・・・!!!これは!!!いける!!!!

確かな手ごたえを!!!かんじる!!

何故か三角になったがガレットは何となく三角形のイメージがあるので大成功なのでは…!

 

ピピピ

 

ちょうどご飯が炊けたので、早速食べよう!!!

い も ま つ り

 

ジャガイモの千切り炒めは、ジャガイモの千切り炒めでした。

では、ジャガイモのチーズガレットを…

 

イケル!!これはうまい!!

これは!!ガレット!!!

 

 

ちなみにこれは煮物、、、ではなくジャーマンポテト。

これが一番おいしかった…燻製肉の力の偉大さを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop