ツララナビゲーション

ツラナビな日記TuRaNaVi Blog

2014年12月26日

pso2 SS加工で使えそうな技

最近絵を仕上げる頻度ががっくがく下がっているえーじぇんとです。

原因は1つ!pso2のせいでしょうね!!(押し付け
まぁ学生のころと違って、今は社会人になり時間があんましとれない中pso2というオアシスを見つけ、さらに絵を描こうとしたとき、もう寝る時間だった、といったところでしょうか。
実際何日もそんな感じで時間を浪費していると思いますwなんだかんだで充実はしているのでいいのですがね!

さて、そんな近状のなか、pso2のチームを作り2年目ということもありチームのWEBページを作ったわけですが。
その中で、ゲームのSS(スクリーンショット)を撮って加工していたらこれは使えそうなんじゃないかなというポイントを見つけたので、メモ代わりにここに記述しておこうかと思います。
正直SS加工勢からしたらあたりまえの技術でしょうが・・・

 

今回、加工するのはこのSS、使うソフトはphotoshop(cs4)です。

1

このSSはすでに若干加工済みなのですが、今回はもっと簡単にポイントを押さえた加工を加えます。

2

この赤で囲んだ所です。
この枠は発光してもいいかなぁと思ったところです。

3

まず、メニューの「選択範囲」→「色域指定」を選択。
出てきたウィンドウは無視して画面の光らせたい個所(赤い矢印の部分、このSSでいうところの青い部分だったらどこでもいいです)をクリックします。これで、クリックした箇所の色と同じかその色に近い色の箇所の選択範囲が指定できます。
許容値に関しては実際にバーを移動すればわかると思いますが、クリックした箇所の色に近い色の範囲を決めることができます。

「ok」を押し、青色部分の選択範囲が取れた元の画面に戻ります。

4

この状態で、「ctrl」+「c」でコピー(編集→コピーでも可能)をします。
続けて「ctrl」+「v」で貼り付け(編集→貼り付けでも可能)をして青い部分がコピーされたかレイヤーのドックで確認します。

だいたいこんな感じなものがとれます。

5

察しがいい方は、もうおわかりかもしれませんが、これを使って 光 ら せ ま す 。

ちなみにこのレイヤーは複製しておくとさらに奥深い光へと変貌を遂げます。(※複製したら1個は目のマークを消して見えなくしておきましょう)

ここまできたらほぼ終わりなのですが。
先ほど貼りつけた画像のレイヤ効果を「スクリーン」にします。

6

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、青い部分が視覚的に発光度が増しています!

さらにここから、美しい光にするためにひと手間加えます。
それが「ぼかし」です。

私もイラストを描いては、毎回のようにぼかしを使って完成したイラストを加工祭りしていました。
一時期光らせすぎてイラストが見えない末期の時期もありましたね・・・(虚ろな目

 

さて、余談は置いといて、

7

「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択します。

この状態で出てきたウインドウのバーを動かせば編集画面を見ながらぼかし具合を調整できます。
あまりぼかしを強くすると色が分散しすぎて効果が薄まるので程よくでいいと思います。

ここでは「7」くらいでやった気がします。

いい感じのところを見つけたら「ok」を押します。すると、

8

これならわかりやすいですね!

あまり加工している感じを出したくないのであればここら辺で止めておいた方がいいかもしれませんが、光スキーな方々はきっと満足してくれません。

足しましょう、

9

先ほど複製していたレイヤーがここで活躍します。

スクリーンの上からレイヤー効果「覆い焼き」に設定。場合によって再び「ぼかし」ます。

そういうのを繰り返すことによって光は増していくのです。

 

初めに光らせたい色が複数ある場合、色域指定を色ごとに行い、それぞれの色で別れたレイヤーを結合して作業を行うとはかどると思います。また、色、距離感、光の種類など別々にぼかし具合などを変えてもなかなか味のあるものができると思います。

そこら辺の応用は、自分で探していきましょう。
助言的なことを言えば、「ぼかし」だけじゃない、ということでしょうね、是非「俺の嫁」ならぬ「俺の光」を見つけてみましょう。

 

 

最終的にこんな風になりました^p^

10

  • 投稿者:えーじぇんと
  • category:
  • comments:2件のコメント

この記事へのコメント

コメントを残す

pagetop

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。